いまさら聞けないリスティング広告って何?




リスティング広告について全部説明する企画。「いまさら聞けないリスティング広告って何?」私はリスティング広告の運用もしています。というか少し前まで本業がリスティング広告のプランニングと運用と分析をする事だったので、リスティング広告の事ならなんでも知ってます。ブログを読んで分からないところや質問などありましたら、ページの一番下に設置してある。コメントを利用してご質問ください。時間がある時、できるだけお答えしますし、必要があればそのテーマで記事を書きます。

まず、リスティング広告とは何を指すのでしょうか?リスティング広告とはGoogle、Yahoo!の様な検索エンジンを利用して特定のキーワードに対して広告を表示させるインターネット広告の一種です。検索エンジン=サーチエンジンを利用するのでサーチエンジンマーケティング(SEM)とかクリック課金で広告料が決まるので、ペーパークリック(PayPerClick、PPC)広告なんて言う人もいますが、リスティング広告と呼ぶ人が大多数です下の写真を見てください。Googleのリスティング広告はGoogleAdwords、Yahoo!のリスティング広告はYahoo!リスティングとそれぞれ名称がついています。時々、リスティング広告の情報を掲載している媒体をみるとAdwordsなどと書かれていますが、これはGoogleAdwordsの事です。Googleのリスティングでは、という事です。

■Yahoo!リスティング(赤枠部分)

■GoogleAdwords(赤枠部分)

上の写真の赤枠の部分がリスティング広告です。左下、赤枠外のテキストはなんなのかというと自然検索結果とかオーガニックと呼びます。ご存知かと思いますが、自然検索はGoogle、Yahoo!の検索エンジンプログラムがサイトを回って(クロールと呼びます)検索キーワードにあったwebサイトを表示しているのです。

自社の商品やサービスを使ってくれるお客さまが検索するキーワードを想像できますか?お花屋さんだったらキーワード「花通販」や「花購入」。旅行代理店なら「アメリカ旅行」、「大阪ツアー」というキーワードで検索してくる人はすぐにお客さまになってくれる見込みが高いですよね。その人に自社の商品・サービスが掲載されているwebサイトを見せられたら。それを実現するのが、リスティング広告です。キーワードを選び、広告文も自分で作成したものが表示できるので、魅力的な広告文とwebサイトがあれば、見込み客を集客できるのが、リスティング広告の良いところです。

自然検索で上位表示する為には時間と工数が膨大にかかります。(とはいえ、webマーケティングで自然検索は欠かすことのできないプロモーション手法なのですが)、それに対してリスティング広告はお金さえ払えば、自然検索結果の上部にリアルタイムで広告を出稿する事が可能で検索ボリュームの多いキーワードを選べば一日に何千、何万というユーザにwebサイトを見てもらう事ができます。

リスティング広告は電車の中吊りやテレビCMとは違った仕組みの上に展開される広告なので、上手く扱う為にはちょっとしたコツがいるのですが、段階を追って知っていけば、そんなに難しい事ではありません。現にインターネットバブル時代の2000年代初頭にはリスティング広告代理店なる会社が乱立しましたが、中でリスティング広告を運用していたのはまったくインターネットを知らない他業種からの転職者ばかりでした。検索エンジンの仕組みも良く分からない人でも3カ月、半年と経験を積んでいく事でプロのリスティング運用者となり、自身で会社を興した人も少なくありません。なので、広告を知らない人でも仕組みとやり方さえ分かればリスティング広告はできます。

別の機会で段階を踏んでリスティング広告を説明していきますので、暫しお待ちを。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam