A/Bテスト

A/Bテストとは広告文やランディングページでより成果が上がりやすいものを調査するマーケティングのテストです。
クリック率を上げるため広告文の訴求内容を変えようとなった場合に広告文Aと広告文Bで同時に広告掲載して、よりクリック率の高いものや成果率の高いものを採用します。
例えば、”送料無料”という訴求と”即日配送”という訴求2つの広告訴求を思いついたとします。このうちのどちらがクリック率が高いか(時には成果率)を調査する際に、両方掲載して、定量的なデータを取得して、より良いものを採用します。

なぜ、同時にテストする必要があるのかというと、商品やサービスによって、季節的な要因や消費者のマインドに何らかの影響を与える出来事が発生する可能性があるからです。
別の期間でテストすると上記の様な外的要因でたまたまクリック率が高い、低いという減少が起こってしまうリスクがあり、正確なテストにならない可能性があるのです。

なので、A/Bテストは同時に行うのがスタンダードな方法となっています。
A/Bテストを繰り返し、PDCAサイクルを回す事で広告やランディングページの仮説の中から最も効果的なものを選択する事が可能となります。

WEBマーケティング用語集トップへ


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする