GMOサーチテリア、インタースティシャル広告とその特徴|スマホマーケティング




ユーザーがストレスを感じるスマホアプリのリロードやダウンロードなどページ遷移時の読み込み時間を活用しようというインタースティシャル広告という商品をGMOサーチテリアが発表しました。

全画面表示のポップアップ型広告を表示する「インタースティシャル広告」はアプリダウンロードの離脱防止+ユーザーのストレスを軽減させることができる2味美味しい広告です。いよいよスマホ市場はPC市場を追い越そうかという局面に入ってきておりますので、オンラインマーケティングに携わる方は要チェックですね。

▼インタースティシャル広告の特徴
①1SDK対応
1つのSDK導入で、レクタングルバナー、アイコン型広告をアプリ内に表示可能。
②マルチデバイス対応
タブレット端末へも広告配信可能。各端末のサイズに合わせ広告を自動最適化。
③誤タップ防止機能
広告をクリックしても画面が遷移しない、誤タップ防止機能を搭載。
④ボタン文言変更機能
広告下のボタン文言は管理画面より変更可能。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam