若年層向けEC通販「夢展望」42%はスマホ経由




22歳くらいの女性。いわゆる"ギャル"層をメインターゲットとしたEC通販サイト、
「夢展望」ではスマートフォン経由でのの売上が堅調に増加しているという。
2012年6月には売上全体でスマホ経由の購入が占める割合が42%に達した。
たった、1年前の2011年6月と比較すると、33.1ポイントの増加であるので、
圧倒的な増加である。

元々、売上構成の大部分がモバイルであった夢展望はいち早く、スマホでの

ビジネスチャンスをキャッチし経営資源をスマートフォン対策へ集中したそうである。

特に日経DM内の記載で注目したいのが以下の記述だ。(以下、日経DM引用)

一方、広告施策では、誘導先となるランディングページを
一気にスマホ向けに衣替えするより、従来型ケータイ向けの
ものを踏襲した方が効果が高い傾向にある、という意外な結果も
見え始めている。

スマートフォン最適化とは、スマートフォン独自のインターフェースを
構築すべきだという観念が自分の中にあったが、実はそうでは無く、
今、既存の売上の大部分を構成するユーザが親しんだインターフェース
をスマートフォンで分かりやすく表現し直す事なのではないかと思う。
フィーチャーフォンで通販をするユーザの支持を得て利益を出している
夢展望だからこそ、フィーチャーフォンの構成を踏襲して成功しているのでは
ないだろうか。

スマートフォン用のサイトを構築する時にはターゲットユーザがPCから流れるのか?モバイルから流れるのかを仮説立ててUI構築を実施していきたい。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam