ウィルゲート小島梨輝 |人物紹介




小島梨輝(こじまりき)は、SEOを専門に取り扱う株式会社ウィルゲートの創業者であり、代表取締役の人物です。

小島氏は2000年代初頭、当時、慶応義塾大学に入学が決まった段階でビジネスを始める事を決意し、東京でECサイトを立ち上げます。その後、親友の吉岡諒氏が慶応義塾大学へ進学が決定した段階で事業への参画を打診して、吉岡氏の承諾を得て、吉岡氏はECサイトの運営に携わる事となります。(のち、吉岡氏はウィルゲートの専務となります。)

ECサイトの運営が軌道に乗ったところで更なる高みを観る為、小島氏はECサイトを後継者へ譲渡して、SEO会社を立ち上げます。これが現在のウィルゲートです。ウィルゲートの社名はマクドナルドでのミーティングで決まったそうで、名前の由来はウィル”志”とゲート”門、はじまりの意”という意味らしく、志を実現する為の第一歩という意味が込められた社名です。

その後、小島氏と吉岡氏を筆頭にウィルゲートは成長を遂げ現在では社員数が100名を超える勢いで成長中です。

ウィルゲートは自社の基幹サービスであるSEO事業に関して、誇りを持っており、業界での技術力はナンバー1と謳っています。

実際にウィルゲートのSEO技術が高い事が実証されたのは2012年にGoogleが大幅なアルゴリズムの変更を行なった際です。俗にいう「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」と呼ばれるこのアルゴリズムの変更により、多くのSEO業者がクライアントの順位を大幅に落とす中、ウィルゲートのSEO施策を実施していた企業は順位の変動が微々たるもので、他社がクレーム対応に追われている中、特段、通常の営業日と変わらない量の電話しかかかってこなかったそうです。(ウィルゲートSEO担当者 談)。

ウィルゲートの技術力の高さは小島氏の戦略と吉岡氏のクオリティを追求したSEO技術で形成されていると言えるでしょう。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam