マーケティングとは




マーケティングの定義とは何だろうか。

マーケティングとは顧客ニーズの調査、または創造から価値のある商品サービスを生み出した後、顧客へ商品・サービスとその価値を伝え、提供する活動を通して、企業と企業を取り巻くステークスホルダー(関係者)へ利益を提供する経済活動の事である。

メディアマーケティングブログの見解である。他、マーケティングを定義したいくつかの見解を紹介する。

―アメリカマーケティング協会(2007年)

マーケティングとは、組織とステークスホルダーにとって有益となるように、顧客に価値を創造・伝達・提供し、そして、顧客との価値を管理する為の組織的な活動と一連のプロセスである。

―日本マーケティング協会(1990年)

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行なう市場創造の為の総合的活動である。

フィリップ・コトラー(アメリカの経営学者でありマーケティングの著名研究者)

マーケティングという言葉は何を意味するだろうか。多くの人は、マーケティングを販売や宣伝としかとらえていない。我々は毎日、テレビ・コマーシャル、新聞広告、ダイレクトメール(DM)、インターネット上の売り込み、電話によるセールスを集中砲火のように浴びているのだから、それも不思議な事ではない。しかし、販売や宣伝はマーケティングという氷山の一角でしかない。

マーケティングの英語表記は”Marketing”。Market=市場という言葉が原型となっている。このことからもマーケティングは市場を主体とした考え方である事がわかる。

マーケティングという言葉の定義は広告・宣伝の事を指すという認識が蔓延しているように思えるが、広告・宣伝はマーケティング活動の一部であるプロモーション(Promotion)の一部である。マーケティングは商品・サービスの顧客の調査や商品・サービスの研究・開発から始まり、顧客への提供と提供した後の顧客コミュニケーションまでを指す言葉と認識するのが現在の有力な見解である。

資本主義の中の経済活動には利益を生み出さなければならない点が重要である。企業活動を継続する為にはステークスホルダー、つまり関係者(株主、社員、外注業者など)に利益を生む仕組みを作らなければならない。なのでマーケティングは顧客視点と同等に利益創造の視点が重要となる。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam