フィリップ・コトラー(Philip Kotler)




フィリップ・コトラーはアメリカの経営学者であり、現代マーケティングの父と呼ばれる人物。1931年生まれ。シカゴ大学で修士号を取得し、マサチューセッツ工科大学の博士号を取得した。またノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院インターナショナル・マーケティングで教壇に立つと同時にマーケティングを体系的理論として整理した人物として有名である。ウォールストリートジャーナルの最も影響力のある経営思想家で上位6位に選ばれた。日本でも数多くのマーケティング書が翻訳・解説され発売されている。コトラーは顧客ターゲティングや市場ポジショニングという観点からマーケティングを理論化した事が評価されている。現代マーケティングの基本である、STP理論、4P理論はコトラーが提唱した理論である。最近では未来のマーケティング像を提唱した「コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則」(2010年9月30日発売)が話題となった。マーケティング3.0においてコトラーは未来のマーケティングは”全人類的”であべきであると説いている。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam