セブン&アイ・ホールディングス 鈴木敏文 代表取締役会長|マーケティングのココロ




×「値段を下げて売る」
○「いいものを売る」

セブン&アイ・ホールディングス 鈴木敏文 代表取締役会長の金言を数回に分けてお届けします。

「セブンプレミアム」について

~私(鈴木敏文CEO)は低価格優先ではなく、上質さを追求し、コンビニ、スーパー、百貨店、どこでも同じ値段で売れる商品を開発するように指示しました。
モノ余りの時代には、安さより、質を求める顧客が増えていることを見抜いていたからです。

~結果はどうでしょう。
PBでは他に類を見ない売れ行きです。
ワンランク上のセブンゴールドも、金の食パンなどのヒット商品を生んでいます。

~日本では、来年4月に消費税率が8%へ引上げが予定され、その影響で消費の落ち込みが予想されています。それをカバーするには消費税が上がった分、値段を安くする発想に傾きがちです。しかし、本当は逆で、財布のひもを緩めるには、より上質な商品を提供するという発想に切り替えるべきなのです。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam