サテライトサイトの被リンク貼るなら、自社サイトのコンテンツ強化を




SEO対策として、サテライトサイトを作成するという手法は果たして有効なのか考えてみました。

サテライトサイトを作成する目的は下記の2点の場合でしょう。
・サテライトサイトへ自社サイトのリンクを貼る事で被リンクを増やす
・サテライトサイトから自社サイトへの誘導をはかる

◆SEO効果はゼロではない。
Googleではオーガニック検索での掲載結果の順位を決める指標の一つにPageRankを取り入れている
傾向は昔も今もあるので、被リンクを増やすという意味では少なからずSEO対策として有効なのでしょう。

”サテライトブログからのリンク供給による効用
サテライトブログからのリンク供給により、じわじわと掲載順位が上昇傾向にあります。例えば「キュービクル」というキーワードでは、16位程度の場所をうろうろとしていましたが、ここ数カ月で3位から4位前後まで上昇しています。他にも、「建築設備士」というような資格名キーワードでも、9位前後に掲載されるようになり、これは大きな進歩です。サテライトブログの関連性の高さが評価されてきている、ということかもしれません。”(電気設備SEO

上記のような事例もある事から被リンク対策として効果が全くゼロではないと考えられます。

しかし、web担当者がサテライトサイトで被リンクを貼る手法ほど無駄な事はないです。
GoogleはIPアドレスを読み取って、被リンクが複数のドメインに分散している事を良しとします。
被リンクが一カ所のドメインに集中している状況は自然な被リンクの貼られ方ではないからです。

なので、サテライトサイトで被リンクを増産しようとするならば、複数のサテライトサイトを作成して、
ちくちく被リンクを貼っていかなければなりません。

しかも、最近ではリンクだけでなくリンク周辺のテキストを読み込んで、自然なリンクの貼られ方を
されているかどうかまでチェックされているので、ある程度の文章量で自然なアンカーテキストリンクを
作成する必要があります。

となれば、1つのリンクを貼るのに、20分使うとして、10個のリンクを作成するのに、200分、
100個貼るのに2000分(33時間)も必要という計算になります。(しかも手を休める事なく。。)

しかも、そのサテライトサイトはコンテンツ量が少ないでしょうし、似たりよったりの内容になるので、
サテライトサイトからの自然な被リンクはほぼ永久的にゼロに近いと言えます。

◆被リンクは自分で貼ってはいけない。
自然なリンクが貼られるような仕組みを作った方が効率的です。今のweb環境はウケるコンテンツなら、
ドメインオーソリティが強いドメインから被リンクが貼られやすい環境だと言えます。

NEVERまとめなどはその良い例で、まとめを利用するユーザは面白いネタやびっくりするネタを
ネットで探して、楽しむだけで終わらず、そのネタを被リンク付きでNEVERまとめで紹介してくれます。
NEVERまとめのアクセス数は2億4630万PV、被リンクが増やせるだけでなく、自社サイトへの誘導効果も
期待できます。テスト的に私のブログ記事をNEVERまとめの記事に貼付けたところ、3日で600程度の
トラフィックがありました。まとめ自体には3万PV程度があったので、2%程度のユーザが本サイトへ訪れた計算になります。

しかも、NEVERまとめのドメインオーソリティはいくつかのキーワードで検索すればわかりますが、
非常に強いです。

それならば、サテライトリンクなんて、何十時間もかけて作るより、数十分でウケるコンテンツを継続的に、
自社サイトの一部として、発信していった方が、継続的に、強い被リンクを貰えるきっかけになるのではないでしょうか。


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam