アップセルの成約率を上げるテクニック




商品購入に際して、追加商品を売る事をアップセルと呼びます。
アップセルで商品を売る事ができれば一回の商品購入の売上額が
大きくなり、全体の売上に貢献してくれます。

リスティング広告やSEOを使って集客している場合は
1件当たりの成果単価を上げられるので集客が楽になるはずです。

・すでにお金を支払うタイミングにあるお客様は
 新しいオファーを受けつけやすくなる心理状態にある。
⇒この人間心理を利用したアップセル販売の典型はマクドナルドで
 「ハンバーガーと一緒にポテトもいかがですか?」というオファー

・売れるネット広告社の加藤公一レオ氏曰く、ネット販売において、お客様が上記の
 心理状態になるタイミングは申込みフォームの確認画面である。
⇒たとえば、①…無料販売の確認画面に「本商品」のアップセルを
 置く(この場合はクロスセル)。②…単品購入のフォーム確認画面に
 定期購入の申込みボタンを置くなど。
 ※①の引き上げ率は3%~20%
  ②の引き上げ率は40%~80%

僕は大学時代、ファミマでバイトをしていましたが、
マニュアルにレジに来た客にはファミチキを勧めろという
のがありました。今思うと、人を選ばず勧めても昼時と深夜は
10%~20%の確率で売れていたと記憶しています。
そこそこ売れるので楽しくなって勧めまくっていたら、
一度、ヘルシアを買った方に勧めて、
「ファミチキ食うならこんなもん飲まねえよ!」と怒られました。。笑


スポンサーリンク
Spam
Spam

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Spam